ビキニラインの処理方法体験談

【カミソリで念入りに】

ビキニラインの処理は週に2回ほどのペースで行っています。

方法としましてはお風呂に入るタイミングで行います。体を洗うボディーソープを使用してカミソリで剃る方法です。

ビキニラインは角度的におさまりが悪い足の付け根等があるので細かく肌を伸ばしたり体制を変えたりしながら剃り残しの無いように剃っています。

アフターケアーとしては顔用の化粧水を塗ってます。価格が安めのたっぷり使える化粧水です。肌荒れが気になるときはその上に保湿クリームを塗ることもあります。

最近は黒ずみが気になるのでケシミンクリームを塗りはじめました。肌の調子が良いです。

ビキニラインの処理はファッションとして以外にも、生えはじめのチクチクやある程度の長さになってくるとトラブルの原因になってかゆみやかぶれが、特に夏場は蒸れて起こりやすくなるのでこまめに処理しています。

最近はこの処理にもめんどくささを感じており、周囲の友達の影響もあり、脱毛を真剣に考え始めています。ちなみに脇や背中はすでに脱毛は済ませています。

なぜ比較的お手軽な値段で処理の出来るこの部分を脱毛していないかというと、それはやはり恥ずかしいからです。サロンで若い女性に対しておおっぴろげはさすがにキツイな・・・。とか正直なところ考えてしまい躊躇してしまいます。

長年で出来た黒ずみもありますし恥ずかしいというのも正直なところです。脱毛行こうかなー参照:ツルツル讃岐っ子

【基本的に毛抜きで1本1本抜いています】

ビキニラインの処理は、私の場合は基本的に1本1本地道に抜いています。カミソリなどでやると、ポツポツと黒い点が残るので、これは絶対に避けたいことです。

本当は、エステで脱毛をやってもらえば楽なのでしょうが、なかなか勇気が出ずいまだに自分で処理しています。

しかし、しゃがみこんで1本1本毛を抜いている姿は自分でも情けなくなるときがあるので、いつかはエステで脱毛したいと考えています。

ちなみに、普段は伸ばし放題です。夏場泳ぎに行ったり特別な日しか処理しません。

あと、できるだけ毛が自然に薄くなるようにと思って、豆乳ローションをビキニラインには塗っています。これで毛がなくなれば一番なのですが、すぐに効果が出るものではないので、気長に使っています。

豆乳ローションは抑毛効果があるだけでなく、お肌も綺麗にしてくれるので下着などで擦れがちなビキニラインをスベスベにしてくれます。やはり、綺麗に毛を処理していても、土台のお肌が汚かったら意味がありません。

私は数年前まで、下着で擦れてビキニラインがちょっとだけ黒ずんでいたのでこのローションを使い始めましたが、今は随分改善されました。

あとは、毛が綺麗になくなると完璧になれるのになぁと思いつつ、毎回毛抜きで処理しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です